ウイングブログ

階段の5階ってどう? 杉山

皆さんこんにちは。

今日は、よくご質問頂く「階段の5階ってどうなの?」と言う事について、お話させて頂こうと思います。
一般的にマンション等の共同住宅では、6階建て以上にはエレベータを設置する事が義務付けられているめ建築コストや、その後の維持管理コストを下げる為に、5階建てで作られてるマンションや団地も多くあります。
弊社の販売物件でも、そういった5階建てマンションの5階部分と言う物件も多いです。

単純にメリットとデメリットを比べると

メリット
管理費が安い
エレベーターつきのマンションに比べて安価で購入出来る
デメリット
毎日階段を昇り降りしなければならない

こんな感じでしょうか

これは、不動産業界の方から聞かれる事ですが、「ウイングさんの階段5階の物件は、なんであんなに売れるんですか?」と言われます。
世間的には、階段の5階と言うと敬遠されるのでしょうね。
では、なぜ弊社の物件は売れるのか?
手前味噌になってしまって申し訳ございませんが、弊社は現在のように
中古マンションを購入して、リフォームしてから販売すると言った不動産会社がほとんどいない頃から、このスタイルで営業しております。
その為、これまでに蓄積されたノウハウと、弊社を応援してくださるユーザー様がたくさんいらっしゃいます。
これこそが、弊社の物件が皆様に支持して頂けるおおきな理由ですね。

そして、よく不動産会社の方にはお話させて頂くのですが、営業マンは時に自分の価値観でものを見てしまう事があると言う事です。
エレベーター無しマンションの階段5階は、嫌がる人が多いと考える為、
「毎日の事だから、階段は慣れる」とか、「実際に昇り降りするのは1日に数回」といったように、
階段5階である事は、それほどのデメリットにならない事を訴えようとしてしまいがちです。
しかし、それでは、お客様は余計に階段の事を意識してしまい、やはり階段は嫌だとなってしまうものです。

例えば、弊社では毎週、週末にオープンルームを開催させて頂いているのですが、お問合せのお電話を頂く際にエレベーター無しマンションの5階と言うと、完全に階段NGの方はその時点でお断りになられ、部屋を見にきて頂く事はありません。
しかし、それでも部屋を見に来て頂ける方は、たくさんいらっしゃいます。
お部屋を見に来て頂く方の中では、階段を全く気にしないと言うかたのほうが少ないですね。
それでは、階段は嫌だけど、部屋を見てみようと思って頂けるお客様の真意はどうなのでしょうか?

私の推測ですが、「階段はデメリットだけど、そのデメリットを受け入れても良い位、魅力のあるお部屋なら良い
こんな感じではないでしょうか?

そう、私たちの仕事は、階段を納得して頂くように訴えるのでは無くて、これだけの魅力がある部屋なら階段でも良いと思って頂けるように、部屋の魅力を伝える事なのです!
ここで言う、部屋の魅力とは、単にその部屋の内装や間取りだけでは無くて、物件価格や購入条件といった全般的な事を含めてです。
弊社の強みとしては、売主なので仲介手数料がかからず、登記費用や、火災保険料等の購入時にかかる諸費用も弊社が負担していますので、自己資金が少なくても購入が出来、購入条件の面ではかなり魅力があるのではないかと思います。
また、前述しましたが、同じ地域であればエレベーターつきの物件より販売価格が安かったり、同じ金額であれば、部屋が広かったりと、魅力が多いのです。

もし、この記事を読んで頂いてるかたの中に、お部屋探しの条件で「階段はどうかな?」と思われてる方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度弊社のオープンルームに足を運んでみてください。

一人でも多くの皆様とお会い出来るのを楽しみにしています。
杉山