ウイングブログ

旧耐震基準のマンションについて 杉山

皆さん、こんにちは

今日は、耐震基準についてお話させて頂きます。
弊社の取り扱う物件は、1981年に耐震基準が改正される前の旧耐震基準と言われるマンションや団地等が多いです。

時々、旧耐震基準の建物は、地震が来たらすぐに倒壊するのではないかと勘違いされている方もいらっしるのですが、そんな事はありません。

そもそも耐震基準とは、1923年の関東大震災を受けて、関東大震災クラスの地震が来ても倒壊しないような建物にしようと基準を設けたのが始まりです。

しかし、そのご関東大震災クラスより大きな地震が発生し、何度か基準を改正してきています。
1971年には、鉄筋コンクリート構造建物の柱帯筋の基準を強化しました。(これは、1968年に起きた十勝沖地震を受けてと言われています)

1981年の改正は、建物の倒壊だけでなく、建物内の人間の安全を意識したり、建築技術の進歩により高さの高い建物が増えた事を踏まえた改正が行われました。
(この改正後が新耐震基準と言われるものです)

弊社で取り扱うのは、マンションや団地の非木造建物なので、基本的にすぐ倒壊と言う事は考えにくいかと思います。
また、旧耐震基準のマンションや団地では、新耐震基準に適合しているかの予備診断を行っているところもあります。
新耐震基準では、建物の形状についても考慮されています。
外観のデザイン性を重視したため、耐震基準に影響が出ていると言う話も聞きます。

弊社で扱いの多い団地などは、予備診断を行っている所では、問題なしと言う所が多いようですね。(まだまだ予備診断を行っていない建物もありますが)
建物形状は長方形ですし、階数も5階建てだからと言う事もあるかもしれません。

『気になる物件はあるけど、旧耐震基準だからどうだろう?』
などとお考えの方も、ぜひご相談ください。

参考までに、耐震基準について詳しく書かれているサイトをご紹介しておきます
マンション再生ナビ

杉山