ウイングブログ

お部屋の広さについて

皆さん、こんにちは杉山です

今日は、お部屋の広さについてお話させて頂きます。
マンションの広告で専有面積と書かれている所がお部屋の広さなのですが、
よく、『壁芯』とか『内法』『登記』などと書かれているのを見た事があるかと思います。
これは、お部屋の広さをどの尺度で測った数字かと言う意味です。

『壁芯』とは、壁の中心から測っています。
壁厚分も面積として入っているので、実際のお部屋の有効面積は、これより少なくなります。
新築マンションなどは、この表示をしている場合が多いです。
中古マンションについても、新築時のパンフレット等でこの面積がわかる場合は、これで表記する事が多いです。

『内法』とは、壁の内側から測っているものです。
実際のお部屋の有効面積になります。

『登記』とは、登記事項証明書(登記簿)に記載された面積です。
これは、通常の建物と、マンションの一部屋などで図る基準が違うのですが、マンションの専有部分の登記に関しては、壁の内側からの有効面積を図る事となっています。

つまり、マンションの専有面積に関して言えば、内法と登記は本来同じと言う事です。

 

ただ、これらはあくまで新築時のものであって、その後のリフォームなどで実際の広さは変わっている可能性があります。
また、壁の内側と言うのはあくまで部屋の外枠の壁の事であって、部屋の中の仕切り壁に関しは、全て面積に含まれています。
つまり、同じ専有面積であれば仕切りが少ない方が、有効面積が広いと言う事になりますね。

19831717

実際に現地に行ってみたら、思っていたより狭かったとか、逆に予想より広かったなんて言った経験をされた方も多いかと思います。
これは、間取りの工夫で広くしたり、天井の高さで広く感じたりと色々な要素が入ってくるのですが、大事なのは、記載されている面積だけを鵜呑みにせず、現地を自分で見てみることです。

弊社も常に、少しでも居心地の良いお部屋づくりと言う事を考えてリフォームをしています。
ぜひ、実際のお部屋をご覧頂ければと思います。